TOPICS


2017年 クリスマスメニュー

  • 温かい白菜のスープ
  • 前菜季節の盛合せ
  • 3色のラビオリグラタン ココット仕立
  • 寒ブリの香草グリル 2色のソースで
  • 和牛のロースト クリスマス仕様
  • 聖夜のデザート 小さなサンタとともに

                   ¥6,800-

2017年の年末年始の営業について

2017年は12月30日(土)までランチおよびディナー営業を行っております。

年始は2018年1月6日(土)より通常営業致します

八代目片色屋与七 ショップオープン

ハーバランドモザイク6ヶ月間の催事出店で人気店になりました。

新たに茜の敷地内でオープンすることになりました。

ショッピングサイトはこちら

www.katairoya.com

 

 

大人気の和らミス丹波栗がデザートに誕生

わらびもち+ティラミスのハーモニー、大人気和らミス丹波栗が期間限定デザートに登場。丹波栗がなくなり次第終了。

夏休みのご案内

はじめに


この度はイタリアンダイニング茜のホームページにお越し下さりありがとうございます。みなさまのご支援により茜も20164月で丸10年を迎えました。

 

現地にて当店のすべてをご説明することは時間的にも難しく、少しでも多くのことを知って頂く為にこのホームページにて茜の紹介を致します。

お店紹介


【茜】名前の由来

昭和初期に活動しました先祖で木版画家の【茜屋巧吉】から一文字頂き店名とさせて頂いております。店内の掛軸や額縁には巧吉や親戚である【要樹平】の作品を多く飾っております。その思いは現代の合理的な大量生産ではなく版画も料理も一つ一つ心を込めて丁寧に仕上げていくものづくりの原点に起因しております。一方、デッサンや彫刻はイタリアで長く活動し、イタリアと日本の文化の架け橋にも貢献された川原竜三郎氏の作品を展示しております。店内に各所にあります車箪笥をはじめとした骨董品は古美術商でもあった当社会長の河南昌亮のコレクションを展示しております。

【建物について】

旧篠山町野中にありました名家宅を1988年この地で行われました博覧会時に移築されたものです。過去帳により築400年の経過を確認した丹波地方伝統等的な入母屋づくりの茅葺き古民家です。博覧会時は古い暮らしを再現したパビリオンとして活躍し、その後2006年に茜として生まれ変わりました。